戦う上海

きっとこう言われることでしょう.
「そんなにマナー悪くない」「ネガティブな部分だけ盛りすぎだ」
しかし,オープニングを体験した者として,これだけは記しておかなければなりません.
上海ディズニーランドは戦いの歴史だったことを.

上海ディズニーランド グランドオープニングの瞬間

上海ディズニーランド グランドオープニングの瞬間

Read More

post

泊まるオーランド番外編-Bora Bora Bungalow特集-

泊まるオーランド


以前, 238が書いた「泊まるオーランド」という記事で,

ウォルト・ディズニー・ワールドは如何にリゾートステイするのにふさわしいか

記述されていましたね!! (主にシャワーの水圧)

そんなWDWのホテルの中で, 自信を持って一番いい!!!!!!っていえるホテルを今回は紹介します. Read More

みっこ氏著作に対する238の見解と経緯報告

みっこ氏著作『701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法』についてです.

あまりTogetterを引用したくはないのですが、どなたかがまとめてくださったので引用させていただきます.
内容に疑問/一部は盗用の可能性が? みっこ氏の東京ディズニーリゾート関連書籍「ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法」 – Togetterまとめ
今回はこの件に関する私の見解を記します.

まずはじめに,私はとても怒っています.
当該書籍にでも,著者に対してでもありません.
正直,当事者である私に知られることがなければここまでの騒動(?)にもならなかったであろうと思っています.
それをわざわざ,こんなクソ忙しい時期に,ご丁寧に私を巻き込んでいただいて,ブチ切れです.
勝手にやっててくれればよかったのに.
例えるなら「あなたの悪口言ってるよ」と第三者から報告を受けたようなものです.
気分良いわけありません.

しかしながらこれは私の責任でもありますが,予想以上にお騒がせしてしまったため,けじめを付ける意味でもしっかりとこの件についてご報告させていただきます.

基本的に私は以下のツイートの通りに考えています.

これらのツイートを投稿したあと,当該書籍の著者であるみっこ氏からダイレクトメッセージを頂きました.
しかしながら,到底納得できるような内容ではなかったので,当該書籍の出版社であるKKベストセラーズ社に問い合わせをいたしました.

先に,今回の件に関する私の見解を述べさせていただきます.
当該書籍のタワー・オブ・テラーのバックグラウンドストーリーに関する部分について,引用元の明記なしに私の記事を引用していると考えています.

「タワー・オブ・テラー」バックグラウンドストーリーに対する見解

みっこ氏著作では,「スメルディングがツアー参加者を生贄に捧げる」といった内容がタワー・オブ・テラーのバックグラウンドストーリーとして書かれています.
この内容は,一般に公式サイトや書籍等で述べられているものではなく,2013年に開催された「ディズニアナ・ファン・フェスティバル」のプログラム内で語られたものです.
そのプログラムには17人が参加しており,私がレポートを残しています.
WE LOVE TDR:「タワー・オブ・テラー」スペシャルナイトツアー – livedoor Blog(ブログ)
この記事のコメント欄からも分かる通り,みっこ氏が「スペシャルナイトツアー」に参加していないことは明らかです.
また,「タワー・オブ・テラー」スペシャルナイトツアー以外で,タワー・オブ・テラーのキャストがこのバックグラウンドストーリーを語らないことをキャストに確認しています.
つまり,みっこ氏がこのバックグラウンドストーリーを知るには,私の記事を読む他ありません.

  • 当該のバックグラウンドストーリーは「タワー・オブ・テラー」スペシャルナイトツアーでしか語られていない
  • みっこ氏はこのツアーに参加していない
  • スペシャルナイトツアー以外で当該のバックグラウンドストーリーを聞くことはない

以上の3点から,みっこ氏の著作が私の記事内容を引用していると考えられます.

出版社に対する問い合わせ

当該書籍の出版社であるKKベストセラーズ社に対して,6月28日付けで以下の問い合わせを送付いたしました.

『701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法』タワー・オブ・テラーのストーリーに関する記述について、私のブログの引用である疑念をもっております。この記述の出典元を2016年6月30日までにご回答ください。なお、当質問と疑念の詳細は下記リンク先サイトにて公開する予定です。http://d-laboratory.jp/

これに対し,KKベストセラーズ社から,6月29日付けで以下の返信がありました.

いただきましたご質問について、
著者へのヒアリングを含め、早急に対応いたしたく存じます。

まずは、事実関係を正確に把握させていただきたく、
お問い合わせの内容、
>『701回通ってわかったディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法』
>タワー・オブ・テラーのストーリーに関する記述について、私のブログの引用で
>ある疑念をもっております。
につきまして、ふたつほどご教示願えますでしょうか。

1.
「タワー・オブ・テラーのストーリーに関する記述」についてでございますが、
「タワー・オブ・テラー」については本書籍内で言及している箇所が複数ございます。
引用にあたるとご指摘いただいている該当ページをお教えいただけますでしょうか。

2.
引用元とご指摘をいただいております、
『WE LOVE TDR』および『D-Lab』管理人様が掲載されたブログの内容をお教えいただけますでしょうか。
掲載ブログのURL、掲載日時が分かる形でお教えいただけますと幸いです。
ご面倒をおかけして大変恐縮ですが、ご返答をお待ち申し上げております。

これに対し,6月29日付けで以下の通り返信いたしました.

まずは、ご質問いただいた内容についてです。

1.当方が引用にあたると考えている該当ページ
203ページの「スメルディングがツアー参加者を生贄に捧げる」という部分です。

2.引用元と考えている当方の該当ブログ
2013年3月18日に掲載いたしましたこちらの記事です。
WE LOVE TDR:「タワー・オブ・テラー」スペシャルナイトツアー – livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/disney_tdr/archives/1710490.html

以上がご担当者様にご質問いただいたふたつの点への回答でございます。

申し上げました通り、当方が引用だと考えているのは、タワー・オブ・テラーのバックグラウンドストーリーに関する部分です。
以下本記事冒頭で述べた内容なので省略

これに対し,KKベストセラーズ社から,7月1日付けで以下の返信がありました.

いただいた件につきまして、現在著者へのヒアリングも含めまして
事実関係を確認中でございます。
確認次第、ご返答させていただきますので、もうしばらくお時間を頂戴したく存じます。
ご返答が週をまたいでしまう可能性もございます。
お急ぎのところ恐縮ございますが、何卒、ご了承いただきたく存じます。
重要なご指摘をいただいたこと改めて感謝を申し上げます。
何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

さらに,KKベストセラーズ社から,7月6日付けで以下の返信がありました.

お世話になっております。KKベストセラーズ 書籍編集部 です。
お問い合わせの件につきまして、大変お待たせしてしまい申し訳ございません。

本日、著者のブログ「TDRな生活」 http://blog.livedoor.jp/wininter001/
にて著者からのコメントが更新されますので、ご確認いただけますと幸いです。

ご不明点、疑問点などございましたらいつでもご連絡いただければと存じます。
この度は、重要なご指摘をいただきましたこと、改めて感謝を申し上げます。
何卒、宜しくお願い申し上げます。

これに対し,7月6日付けで以下の通り返信いたしました.

メールでの私への直接の回答はいただけず、私が著者のホームページを確認する、
ということでよろしいでしょうか?
私もこれまでできるだけ感情を抑えて真摯に対応したつもりでしたし、
担当者様からも真摯な姿勢が伺えていたので、
最後にこのような粗野な対応をされてしまったこと、とても残念に思います。

 

以上が,今回の件に関する事の顛末です.
おつかれっした.

フラ踊る93年会

去る6月26日(日),第3回くらいの93年会が執り行われました.
集まったのは10人の1993年生まれ.
ランド10周年に生まれ,高校受験で25周年,大学受験でシー10周年という,アニバーサリーを祝いにくい人生を歩んできた同世代が一堂に会しました.
当日は626「スティッチの日」ということで,会場はハワイアンなお店,その名もTIKITIKI.
ドレスコードを指定せずとも全員がアロハシャツなどハワイアンな恰好でやってきました.さすが93年生まれです.

お店も全面的にスティッチの日を祀っていた

お店も全面的にスティッチの日を祀っていた

Read More

<colos EXPO 2016>イベントレポート

colos EXPO 2016


_MG_1927

会場

去る2016年5月8日に,colos EXPO 2016を開催しました.
LTもあり,パネルディスカッションもあり,アトモスフィアプログラムもあり,展示もあり,販売もあり.
すべてのディズニーをつなぐ,いちばんおかしな1日間をcolos会が本気でお届けしました.
参加者は約120人ほど,みなさまのおかげでイベントは大成功のうちに終了することができました.
本当にありがとうございました.

オープニングセレモニー


注意事項,親切な課金制度を説明するセレモニーでした.

colos会の秘密〜園遊会からEXPOまで〜


colos会が生まれた秘密,園遊会が生まれた秘密,colos EXPOが生まれた秘密.
そのすべてを,238とプーやのパネルディスカッション形式で語りました.

ディズニーサイトの魔法


ディズニーサイトを運営する管理者たちに,サイトへの想いや展望を語って頂きました.

・プーや(@poohya)
『舞浜ウェブメディアの現状と展望』

・238(@disney_tdr)
『D-Laboratoryの隙間産業』

・fukuhomu(@fukuhomu)
『宗教法人TIKIKITI』

・らむ(@mickeyolc)
『D-Sta.の2016ありたい姿』

・じょに。(@johnnydisney15)
『プロにわか論②「ORELIGOのブランディング」』

・舞浜新聞(@maihama_shimbun)
『舞浜新聞が考えていること』

・dpost(@dpostjp)
『合法的にディズニーサイトをやる方法』

15分山分け!TDSの部


東京ディズニーシー15周年記念,参加者全員で持ち時間15分!
東京ディズニーシーへの熱い想いを語っていただきました.

・ちーに(@chiiiiini626904)
『シーから天文現象を見よう』

・Seina(@Seina_Bennet)
『東京ディズニーシー絵画語り キャラクターと絵画inメディテレーニアンハーバー』

・葉ノ瀬(@N_Hanose)
『船好きから見たS.S.COLUMBIAの魅力』

いつものLT(第1部)


いつもどおり,テーマを決めず,好きなことを語っていただきました.

・プーや(@poohya)
『クマのプーさん原作沼へようこそ』

・くぼしま(@k_mouse_d)
『D界隈における#の使い方』

・おっくん(@al_hrk)
『一人WDWのススメ』

・はたろう(@hatarou)
『理想の恋人の条件は「カンベアで寝ない人」』

・みりん(@suger_mk)
『広げよう、PPP会の輪』

・やさい(@sai_yasai)
『ディズニー愛の表現の仕方』

colos会スペシャルプログラム”238&poohyaの怒り新党”


みなさまから寄せられたディズニーライフの「怒り」にcolos会が白黒つけました.

いつものLT(第2部)


いつもどおり,テーマを決めず,好きなことを語っていただきました.

・238(@disney_tdr)
『しくじり先生』

・clorice☆abe(@yuri0_742)
『もうツタヤでイラっとしない!ディズニーマニアのためのルーニーテューンズ講座』

・Ryo(@naka85ryo)
『D系必見ミュージカル”ブック・オブ・モルモン”』

・Jun(@juney0415)
『D系ネット界隈に黒歴史を残さないために』

・こうた(@kt_six)
『今話題のアイドル「AVE67」って?』

・けん・とるーぱー(@kent_rooper)
『新新しい精神』

・いーりー(@elsa3333)
『東京ディズニーリゾートと法律』

・はまお(@shiraherman2)
『就活が終わらない』

・やよい(@yayoinovember)
『舞浜の歴史に学ぶ 《明日から使えない仕事術》』

閉幕・片付け”原状復帰&その向こうへ”


参加者のみなさまのおかげで迅速に原状復帰することができました.
ご協力ありがとうございました.

展示ブース


[]

colosEXPOに行ってきました。: *K&D*やぐ2

ディズニー・クルーズ・ラインのドアデコレーション

こんにちは,はじめまして.やさい(@sai_yasai)と申します.Adobe Illustratorが趣味な,創作系ディズニーファンです.今回はとあることをさせて頂いた関係で,こちらのD-Labさんにおじゃましました.そのとあることとは,

ディズニー・クルーズ・ラインのドアデコレーションを作らせて頂きました!


2月初めごろ,就活がうまくいかず落ち込んでいるときに一通のDMが…開いてみると238さんとktymさんからクルーズのドアデコレーションを作ってくださいというお話!もちろんやらせてくださいと即答しました.お話をいただけてものすごく嬉しかったです.面接で自分の絵についてボロクソに言われた後だったので泣いて喜びました.

でも…実は私,クルーズに乗船したことがなく,今まで絵を書いてくださいと言われたことも殆どない…,正直とっても嬉しくもあり一体どういうものを作ればいいのかとパニックにもなりました.
今回ご厚意でこのような場所を頂けたので,ここはこういう考えで作ったよ!とか,これはもっとこうしたかった…など 作成時に思っていたことを書かせて頂きたいと思います.
(なお,このお話はもちろんボランティア.卒業旅行のお手伝いですので,あしからず.)
Read More

走るオーランド

DisneyとRunning


最近走る記事ばかり書いているので, ランニングガチ勢かと思われる方もいるかもしれませんが, 残念ながら違います. 確かに趣味ですし, 走るの大好きですが, その目的は, 舞浜を走ったり, Run Disneyに出たりするためであり, あくまで趣味であるディズニーをさらに楽しむための趣味なだけです(気持ち悪い.

まぁこんな人間が現れちゃうくらいには, ディズニーとランニングって意外と関わり合いが強いんですね!! ご存知Run DisneyっていうランニングイベントがアナハイムDLRやオーランドWDWで行われていますね (今度舞浜でもオリジナルランニングイベントがあるとか…)! Run Disneyはパーク内を走ったり, キャラクターが出てきたりと楽しむ面が非常に強い一方, New Balanceがディズニーと共同で開催してるイベントとのこともあって, キッズレースから, 5K, 10K, ハーフマラソンまであり, マラソンイベントとしてもとてもちゃんとしています(オリジナルシューズもある!).

とはいってもやっぱり, 楽しむ要素が強いですよね! だって, 開園していないパーク内を走ったり, 走りながらキャラクターとグリーティング出来たり, なんなら障害物マラソンとかいうバカ楽しそうな謎競技に参加したり出来るんやで!! しかも, 1年に何度も行われるから参加予定も比較的立てやすい. ちなみに先日, DCLに乗船してきたのですが, カリブ海航路であれば必ず寄港する島(キャスタウェイ・ケイ)では, 毎寄港5Kランが行われています.

そんな風に, ディズニーリゾートはもはや, 走れるリゾートと言っても過言ではないでしょう… Read More